読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

全音のガットギターについて質問です。 こちらは全音ガッ

全音のガットギターについて質問です。 こちらは全音ガットギターと書かれたインナーシールにNO印字が消えていて 型番不明のギターの画像です。 (見にくくて申し訳ありません) オークション出品時に、 型番不明なので、こちらのギターの特徴として 【トップ単板】と【エレガット仕様】と表記して間違いないか教えてください。 上記の2つの単語がよくタイトルとして使われているので この手持ちのギターもそうなのかなと思いまして…。 わかる方教えてください。

単板かどうかは、サウンドホールの断面を見て層になっていなければ、単板ですが、層が見えたら合板です。 見たところ、ピックアップやPhoneジャックなどが確認出来ないので、中に配線が無い限りエレアコ仕様とは言えないと思います。 単板ギターは高級品で通常はハードケースで保管される物が多いと思います。 弦を止めているブリッジにあるサドルと呼ばれる白い板の下に、ピエゾ型というピックアップが仕込まれていれば、エレクトリックアコースティック・ギターとして名乗れますが、その配線を外に出すための差し込み口が何処かに用意されているか、サウンドホールの中から配線を出せる様になっている必要があります。

バイクの自賠責保険のことですが買い取り業者やオークションなどの個人売買で手放す際、自賠責保険って返納されますでしょうか? 廃車するときには返納されるのは存じておりますが個人売買や買い取りに際でも返納されますでしょうか?今年の4月に24か月分の自賠責を払っております。返納の場合はどのような手続きが必要でしょうか?

損害保険の募集人資格を持っています。 返納の意味を取り違えていませんか? バイクやクルマを登録する際、役所からもらうナンバープレートはあくまで借り物です。 それを廃車する時に役所にナンバーを返すので「返納」と言います。 さて自賠責保険ですが、これは購入するものなので所有者は被保険者のもので返納することはできません(保険契約の解約はできます)。 ちなみに買取業者に売却した際に自賠責保険も一緒に渡せば、満期日まで1年以上残っていれば解約して現金化していると思います。 ただ、手続きが面倒な割に大した金額は戻らないので、廃棄している業者も少なくありません。 また、個人売買で買主に自賠責保険証を渡した場合、買主はそのままもらった保険を使用し続けると思います。 これは、自賠責保険

��任意保険のように人に加入する保険ではなく、バイクにつける保険なので、所有者が変わっても効力は切れません(ぶっちゃけ証書に印刷されている個人情報は誰でもよいのです)。